2018/2/1 木曜日

メディカルコートあやめ池

Filed under: 未分類 — 管理者 @ 8:28:00

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第95回目です。

平成30年がスタートして、早いもので1ヶ月が過ぎましたね・・・

今年は異常気象か?毎日寒い日が続きますが、皆さん元気でお過ごし

でしょうか?

2004年に閉鎖された「あやめ池遊園地」は、4年後に住宅地とし

開発れました。、

そのエリアの中において、個人医院等を集約した医療モールが、今回

紹介する「メディカルモールあやめ池」です。

設計は、早稲田大学名誉教授であった入江正之氏。

あまりなじみがありませんが、著名な建築家です。

西武ライオンズ球場も設計されています・・・

私も知りませんでした(笑)

前置きが長くなりましたが、早速のぞいてみます!

高級マンションが立ち並ぶ住宅街の中に、少し変わった建物を発見!

img_5753.JPG

外観からは、創造がつきにくいですが・・・

大きな看板で、医院があることが わかります。

img_5755.JPG

守衛所でしょうか?小さな建物があります。

img_5768.JPG

郵便ポストを発見!

img_5758.JPG

他にも機能がありそうですが、詳細は不明です・・・

屋根先端のディテール。

img_5773.JPG

とても凝ったデザインですが、少しやり過ぎのような感じもします。

SUSの軒樋。

img_5766.JPG

正直、格好イイです!

建物外壁は、シンプルなカーテンウォール。

img_5783.JPG

SUSのフレームが入っています(驚)

img_5881.JPG

本館の屋根も気合いが入っています(笑)

img_5774.JPG

妻側から建物を臨む。

img_5897.JPG

敷地の高低差を活かした空間構成。

建物の真ん中にある吹き抜け。

img_5876.JPG

外壁に取り付けられた建物銘板。

img_5867.JPG

その下には定礎板がありました。

img_5870.JPG

こちらの方が目立ちますね(笑)

ここで、恒例のトイレチェックです!

img_5861.JPG

この施設の共用トイレのようです・・・

高そうなSUSの自動ドア。

img_5864.JPG

手前には、休憩室が設けられています(驚)

img_5865.JPG

とても落ち着いた感じで、GOODです!

img_5860.JPG

間接照明が、高級感を演出しています。

img_5859.JPG

トイレは車椅子兼用の1ブースです。

img_5858.JPG

機能性重視で清潔感があります。

img_5856.JPG

EVは、ガラスブロックのシリンダーが格好イイです!

img_5855.JPG

階段で2階へ・・・

スチール+木の手摺はとてもシンプル。

img_5844.JPG

1階とは全く違う外観にビックリ!

img_5925.JPG

メタリックな1階とは正反対の左官仕上げがとても新鮮です。

img_5831.JPG

外部に目をやると、広大な駐車場があって、更にビックリ!

img_5826.JPG

医院の集まりなので、広い駐車場があって当然ですよね・・・

とても見やすい施設の案内板。

img_5834.JPG

賃料が高いのか?空きがチラホラ・・・

img_5957.JPG

かなり軒の低い外部通路を進みます。

img_5970.JPG

軒天の鉄骨は凄すぎます・・・(驚)

img_5975.JPG

EVに続いて、ここにもガラスブロックが使われています。

img_5799.JPG

確か自然食カフェ・レストランがあった筈なのですが・・・

img_5838.JPG

既に退店していました。

img_5839.JPG

ランチしよう・・・と思っていたので、とても残念(泣)

案内板はそのままになっていました。

img_5950.JPG

外部からレストラン部分を臨む。

img_5823.JPG

外部にはウッドデッキがあって、

img_5817.JPG

あやめ池を臨むことができたのですが・・・

img_5819.JPG

メインのテナントが空くと、施設の活気が下がります(泣)

コテコテに凝ったアルミサッシに、

img_5933.JPG

軽快さ?を演出した庇。

img_5918.JPG

屋外階段で再び1階のレベルへ・・・

img_5904.JPG

広すぎるくらいの駐輪場。

img_5892.JPG

もう少し屋根部分が欲しいですね・・・

最後になりますが、医療施設を集約したメディカルコートは如何でし

か?

土曜日のお昼でしたので、平日にどの程度利用されているか?不明で

したが、総合病院よりもプラスになる要素がなければ、存続してい

のは難しいと感じました。

又、少し過剰設計なデザインにも思えましたが、設計者の情熱が感じ

られて、個人的には、とてもワクワクしました。

奈良方面に行かれた際は、是非とものぞいて見てください!

【設計データ】

設 計:入江正之・入江高世+早稲田大学入江正之研究室・DFI

所在地:奈良県奈良市あやめ池北1丁目32-21

用 途:クリニックモール(診療所、飲食店)

構 造:鉄骨造

規 模:地上2階

竣 工:2011年9月

掲 載 :新建築2012年10月号

2018/1/1 月曜日

石水(せきすい)博物館

Filed under: 未分類 — 管理者 @ 0:30:44

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第94回目です。

あけましておめでとうございます。

今年の夏には掲載100回を迎えますが、三陽アートギャラリーを

引き続き、宜しくお願い致します!

さて、平成30年がスタートしました。

新年最初に紹介するのは、三重県津市にあります「石水博物館」です。

江戸時代の伊勢の豪商・川喜田家の旧蔵資料を収蔵・展示しています。

設計は、清水建設㈱一級建築士事務所。

初めての登場ですね・・・

伊勢自動車道・津インターを降りて、市街に向いて15分ほど走った

ところにあります。

img_5516.JPG

敷地入口にあるRC打放しの門扉。

img_5517.JPG

コンパクトなショーケースと一体になっていますね!

img_5518.JPG

車だと、見逃してしまいそう・・・(笑)

駐車場から建物全景を臨む。

img_5747.JPG

袖壁と庇を連続させる、今どきの手法ですね・・・

img_5749.JPG

目につかない側面も、ちゃんとデザインされています。

img_5550.JPG

搬入口がここにあるということは、きっと裏側にはスペースが

無いんでしょうね・・・

img_5539.JPG

しかしながら、ここにゴミ箱があるのはNGです。

img_5529.JPG

駐車場からの入口。

img_5528.JPG

玄関へは、長いアプローチを進んでいきます。

img_5563.JPG

まっすぐに伸びたスロープがイイ感じです! 

img_5569.JPG 

縦のラインを強調したカ-テンウォール。

img_5741.JPG

ようやく入口に辿り着きました(笑)

img_5573.JPG

建物は、かなり高い位置にあります(驚)

img_5575.JPG

振り向くと、古めかしい洋館がありました・・・

img_5574.JPG

石水博物館の旧館でしょうか?

正面から風除室を見る。

img_5576.JPG

建物銘板はRCに掘り込んでいます!

img_5581.JPG

img_5580.JPG

風除室内の什器はシンプルに配置されていて、GOODです!

img_5582.JPG

風除室の奥は、何とガラス張りです(驚)

img_5585.JPG

とてもユニークな手法ですね・・・

室内に入ると、上品な受付が入館者を迎えます。

img_5594.JPG

オープンとなった事務室と一体です。

脇には、定礎板と設計者&施工者の銘板が並んでいます。

img_5598.JPG

ホール側から風除室を見る。

img_5586.JPG

小さくても存在感のあるソファー。

img_5590.JPG

施設のグッズが販売されているスペース。

img_5591.JPG

展示室は各階1室ずつのようです・・・

img_5597.JPG

展示室に行く前に、恒例のトイレチェック(笑)

とても見やすく、大きなピクトサイン。

img_5604.JPG

男女&車椅子兼用?

img_5605.JPG

中をのぞくと、個室になっていました・・・

img_5611.JPG

この規模の施設なら、これで十分ですね!

AEDは、もう少し他に置き場所が無かったのでしょうか?

img_5603.JPG

まずは、1階の第1展示室から・・・

img_5641.JPG

「齋藤拙堂展」との垂れ幕が・・・

img_5624.JPG

展示室内部の雰囲気。

img_5645.JPG

展示室を抜け、カーテンウォールに沿った廊下を通って、手前に戻

ります。

img_5647.JPG

ふと天井に目を向けると、天井もRC打放しになっていました(驚)

設備機器が綺麗に埋め込まれています・・・

img_5649.JPG

施工技術の高さが伺えますね!

続いて、EVで2階に上がってみます。

img_5629.JPG

かなり地味な色合いですね(笑)

基本的に、2階も1階と同じレイアウトのようです。

img_5668.JPG

2階の第2展示室。

img_5682.JPG

第2展示室の奥には、「山里茶席」が再現されています。

img_5700.JPG

2階廊下。1階と見間違えるほどです・・・(笑)

img_5685.JPG

カーテンウォールが少し結露しています。

img_5706.JPG

階段で1階へ・・・

img_5672.JPG

照明を絞ってイイ雰囲気ですが、少し危ないかも。

初めに見た洋館の解説パネルがありました。

img_5602.JPG

「千歳文庫」 とあります。

img_5600.JPG

設計者は「前田健二郎」。竣工は昭和5年です!(驚)

img_5601.JPG

今見ても、斬新な平面ですね・・・

登録有形文化財になっていますが、もっとアピールするべきですね!

最後になりましたが、シンプルでありながら、とても洗練されたデザ

インの博物館はいかがでしたか?

RCの打ち放しはとても綺麗で、さすが清水建設の設計施工作品だと

感じました!

滋賀県から結構近いので、是非とものぞいて見てください。 

 【設計データ】

設 計:清水建設㈱一級建築士事務所

所在地:三重県津市樽垂水3032番地18

用 途:博物館

構 造:鉄筋コンクリート造

規 模:地上2階

竣 工:2010年3月

掲 載 :-

2017/12/1 金曜日

福井市美術館(アートラボふくい)

Filed under: 未分類 — 管理者 @ 9:38:48

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第93回目です。

12月になって、本格的な寒さがやってきましたが、皆さん風邪など

引かずにお元気でしょうか?

今回紹介するのは、福井市美術館(アートラボふくい)です。

やっぱり、美術館が一番取材しやすい施設ですね~(笑)

設計は、私の大好きな建築家の一人である、黒川紀章氏です!

では早速、のぞいてみたいと思います・・・

北陸自動車道福井ICを降りて、10分ほど走った「下馬中央公園」

の中に、美術館があります。

img_5224.JPG

ガラス張りの逆円錐がとても印象的!

img_5222.JPG

手前にある駐輪場は、シンプルで少し地味ですね・・・

img_5235.JPG

腰壁は 玄人好みのRC斫り仕上げ。

img_5234.JPG

右側通行をタイルで表示しています(驚)

img_5236.JPG

なかなかいいアイデアですね。

アプローチを進むと、案内板を発見!

img_5238.JPG

こうやって見ると、結構「いびつ」な形ですね(笑)

img_5241.JPG

円形の車寄せ庇。

img_5252.JPG

傘のフレームのようで、とても綺麗です。

img_5253.JPG

建物との間に、もう一つ庇が重なっていました。

img_5257.JPG

庇先端のディテール。

img_5258.JPG

結構、お金がかかっていそうです ・・・(笑)

正面から玄関を見る。

img_5260.JPG

自動ドアは斜めになっています!

img_5261.JPG

風除室はとっても狭いです・・・

img_5266.JPG

当日は雨天で臨時の傘立てがありましたが、もう少しデザインに配慮

して欲しいです・・・残念。

img_5267.JPG

エントランスホールの正面に受付があります。

img_5270.JPG

建物の外観に似せた?受付カウンター。

img_5272.JPG

受付横にトイレを発見!

img_5277.JPG

恒例のトイレチェックです(笑)

とても立派なピクトサイン。

img_5275.JPG

男子トイレ・・・と思いきや、何と階段を下りる必要があります(驚)

img_5279.JPG

くねくねした手摺りは、以前、どこかで見ましたね ・・・

img_5283.JPG

トイレは何と石張りです!

img_5287.JPG

ステンレス仕上げの洗面器。

img_5289.JPG

コインロッカーも地下1階。

img_5294.JPG

誰も使いませんよね・・・

多目的トイレは1階にありますが、やはり不便です。

エントランスホールがある棟は、EVのある円柱を中心に、螺旋状に

スロープを回しています。

img_5373.JPG

決して、車椅子用ではありません(笑)

黒い部分が、スロープの天井面です。

img_5322.JPG

スロープには登らず、奥の展示室へ。

img_5317.JPG

扉はビビットカラーで、イイ感じです。

img_5326.JPG

スケルトンのEVが格好イイ!

img_5329.JPG

EVで2階へ・・・

img_5330.JPG

展示室の様子。

img_5352.JPG

黒い天井が、部屋全体を引き締めている印象。

スロープで3階へ・・・

img_5380.JPG

シリンダー状のEVが中心にあります。

img_5378.JPG

3階は講堂のみです。

img_5388.JPG

思ったより小さいです(笑)

img_5389.JPG

天気が回復したので、外部をぐるっと回ってみます・・・

img_5416.JPG

かなりうねっていますね(驚)

ガラス面が斜め下を向いているのは、直射日光を避ける為らしいです。

img_5424.JPG

どうやって図面を書いたのでしょうか?(笑)

img_5419.JPG

バックヤードには、別棟の倉庫がありました。

img_5427.JPG

ここも、うねっていますね(笑)

img_5429.JPG

裏面はガラスの代わりにパネルが嵌められています。

img_5436.JPG

2つの棟の重なり。 

img_5449.JPG

微妙に隙間が空いていました(驚)

img_5451.JPG

最後になりますが、福井市が管理運営する美術館はいかがでしたか?

竣工して約20年、その間、改修工事はあったと思いますが、とても

綺麗に使用されていて、ビックリしました!

4年後に、福井県立恐竜博物館(第14回で紹介)が竣工しているの

ですが、同じ黒川紀章氏の設計で、似たようなディテールがたくさん

あります。

二つの施設を比較しながら、是非とものぞいて見てください! 

【設計データ】

設 計:黒川紀章/黒川紀章建築都市設計事務所

所在地:福井県福井市下馬3-1111

用 途:美術館

構 造:鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄骨造

規 模:地上3階、地下1階

竣 工:1996年

掲 載 :新建築1997年10月号

2017/11/1 水曜日

JR由布院駅

Filed under: 未分類 — 管理者 @ 6:40:58

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第92回目です。

先月22日に日本列島を直撃した台風21号は、滋賀県内でも多大な

被害を及ぼしましたね・・・

皆さんお住まいの地域は、大丈夫でしたでしょうか?

今回は、大分県にありますJR由布院駅を紹介します。

~ちらっとのぞいてきました~では、初めての九州作品です。

たまたま個人旅行で九州を訪れたのですが、とても見てみたかった

施設なんです!

設計は、世界的建築家・磯崎新氏です。

大分県の出身なので、比較的小規模な施設も設計されているので

すね(驚)

前置きが大変長くなってしまいましたが、早速のぞいてみましょう!

旅館にチェックインして、速足で駅舎へ・・・(笑)

真っ黒な外観が、とても印象的です!

img_1644.JPG

端に目をやると、仮囲いを発見!

img_1646.JPG

増築があるのでしょうか?

看板を見ると、別の施設のようです・・・

img_1645.JPG

ただし、設計者が凄い!(驚)

なんと、板茂ではありませんか!!

確か、板氏は磯崎新事務所の元所員でしたね・・・

正面から建物を臨む。

img_1700.JPG

上部の塔屋が印象的!

img_1720.JPG

磯崎新曰く、礼拝堂をイメージしたそうです。

img_1694.JPG

何となく、東洋チックに感じるのは、私だけでしょうか?

img_1697.JPG

駅舎の看板は平仮名書きです(驚)

img_1699.JPG

正式には「由布院駅」ですが、温泉町なので、「湯布院」の方が有名

ですよね(笑)

駅待合いから見上げると・・・

img_1673.JPG

ここが改札口です。

img_1675.JPG

上部にには、公共建築賞の楯がありました。

img_1773.JPG

納得です!

シンプルな券売機。

img_1676.JPG

時刻表もレトロでイイ感じですね!

img_1671.JPG

もちろん、最新の機器も備えてあります。

img_1734.JPG

ホームを見ると、グリーンの綺麗な電車が停止していました・・・

img_1666.JPG

エンブレム付きです!

img_1664.JPG

後で知ったのですが、JR九州の豪華列車「ゆふいんの森」でした!(驚)

GOODタイミングだったんですね・・・

この駅舎の特徴として、アートホールが併設されています。

img_1680.JPG

普段は待合いとての利用。

img_1690.JPG

観光案内所があります。

img_1692.JPG

アートホールなので、絵画が展示されています。

img_1688.JPG

アール天井とトップライトが格好イイ!

img_1685.JPG

続いて、駅舎の外に出てみます・・・

img_1668.JPG

駅前通りは、土産店で賑わっています。

黒で統一された、平入りの通路。

下見板張りの外壁は、とても綺麗です。

img_1707.JPG

竣工後、25年以上経過していますが、定期的に塗装されているので

しょう! 

img_1709.JPG

レトロな照明器具がとてもマッチしていますね!

img_1715.JPG

自販機も黒!

img_1713.JPG

コインロッカーも黒!!

img_1732.JPG

奥に見える赤いものは?

トイレの暖簾でした(笑)

img_1647.JPG

黒一色なので、とても目立ちます!

遅くなりましたが、恒例のトイレチェック!

img_1649.JPG

内部を見てびっくり!

img_1654.JPG

こんな豪華な天井は初めてです(驚)

img_1653.JPG

衛生器具もリニューアルされているようです。

img_1655.JPG

最後になりましたが、磯崎新氏が手掛けた駅舎はいかがでしたか?

とてもシンプルですが、観光地のランドマークとして、圧倒的な存在

感を示していました!

全国には、まだまだ素晴らしい建物が溢れていますね・・・

皆さんも、旅行の際には、その土地の有名建築をのぞいて見てくだ

さい! 

【設計データ】

設計:磯崎新/磯崎新アトリエ

所在地:大分県由布市湯布院町川北8-2

用途:駅舎

構造:鉄骨造

規模:地上1階

竣工:1990年

掲載 :-

2017/10/1 日曜日

モザイクタイルミュージアム

Filed under: 未分類 — 管理者 @ 8:11:22

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第91回目です。

大型台風がいくつもやってきて、朝夕めっきり涼しくなってきました

が、皆さんお元気ですか?

今回紹介するのは、陶器の街・多治見市にあります「モザイクタイル

ミュージアム」です。

設計は、日本を代表する建築史家・建築家である藤森照信氏。

実は、このブログには2回目の登場なんですよ~

2015年7月(第64回)に紹介した「ラ・コリーナ近江八幡」を

覚えておられますか?

なんとなく雰囲気が似ているなぁ~と思っていました。

そのあたりを比較しながら見ていただくのも面白いと思います!

では、早速のぞいてみましょう・・・

ユニークな外観の建物を発見!

img_5094.JPG

一般駐車場へ車を停めて戻ります。

いくつかの施設が集約されているようです。

img_5103.JPG

奥に見えるレンガ調の建物は「Azalea Hall」と書かれて

います。

img_5101.JPG

こちらは屋外便所のようです。

img_5104.JPG

一応、モサイクタイルが貼られていますが・・・

img_5106.JPG

敷地全体として調和があれば、なお良かったですね・・・

奥に目をやると、とてもインパクトのある建物にビックリ!

img_5109.JPG

うねったアプローチを進んでいきます・・・

img_5111.JPG

玄関前に張られているのは、大型の石でしょうか?

img_1602.JPG

モザイクタイルの形状ですね・・・

ここが正面玄関です。

img_1598.JPG

扉や庇の形状が、とても可愛いらしいです(笑)

混雑時には、少し使いづらいかも知れません・・・

外壁は荒々しい土壁塗りです。

img_1601.JPG

至るところにモザイクタイルが埋め込まれています。

img_5116.JPG

アール主体の外壁に対して、スクエアの窓がとても新鮮です!

img_5118.JPG

続いて中に入ってみます。

正面にある受付カウンター。

img_5124.JPG

受付横にあるのは、休憩スペース?

img_5134.JPG

椅子が少なめでで、窮屈そうです・・・

モザイクタイルでデコレーションされた車が、とても印象的!

img_5136.JPG

内壁はRC打放しにボーダーの塗装が施してあります。

img_5144.JPG

ローコストでユニークですね(驚)

初めて見ました・・・

館内案内図が雑に貼られていました(笑)

img_5151.JPG

まずはEVで最上階に上がってみます。

img_5147.JPG

屋上のテラス。

img_1576.JPG

ワイヤーに付いているのは、モザイクタイルです。

img_1582.JPG

半屋外にある、奥の展示場。

img_5179.JPG

モザイクアートで溢れていますね。

屋内消火栓BOXもタイル張り!

img_1579.JPG

衝突防止金物も、タイルです!

img_1583.JPG

ここまで徹底していると、逆に気持ちイイですね(笑)

階段で2階に下りてみます。

img_5152.JPG

デザインですが、点字と間違えませんかねぇ~?

img_1575.JPG

2階の展示室。

img_5161.JPG

壁面に並べられたサンプル。

img_5164.JPG

協賛企業のブースでしょうか?

部屋の隅に置かれた模型を発見!

img_5160.JPG

何度見ても何処から見ても、ユニークですね~

コンパクトにまとめられたAVコーナー。

img_1586.JPG

ここで恒例のトイレチェック!

img_1593.JPG

今回は多目的トイレです。

img_1587.JPG

やはり壁に目がいきます。

このタイルはガラス調で、とても綺麗です!

img_1591.JPG

続いて1階へ・・・

窓が無いので、とても暗いです。

img_5167.JPG

逆にイイ感じを醸し出しています。

踊り場に設けられた展示スペース!

img_5166.JPG

自然光を巧みに利用していて、GOODです!

ノンスリップもありません(笑)

img_5168.JPG

1階にある体験コーナー。

img_5129.JPG

色々な物にモザイクタイルを貼り付ける仕組みです・・・

子供にも出来て、大盛況ですね(笑)

美術館には欠かせないミュージアムショップ。

img_5125.JPG

めちゃめちゃ売り上げているようです(驚) 

img_5126.JPG

再び外部に出てみます・・・

外壁と屋根の取り合い。

img_5115.JPG

屋根は平瓦葺きですね。

img_5114.JPG

窯変タイルの色合いは、いつ見てもイイですね~

この面は地面から全て屋根です。

img_5097.JPG

バックヤードの様子。

img_5093.JPG

少しごちゃごちゃしていますが、気になる程ではありません。

取って付けたような屋根庇には・・・

img_5081.JPG

車椅子用駐車スペースがありました!

img_5084.JPG

屋根のディテール。

img_5083.JPG

もう少し、デザインして欲しかったですね・・・残念。

バリアフリーで館内へ入ることができます。

img_5085.JPG

広々とした風除室内には、車イスも設置。

img_5088.JPG

受付横に直ぐに行けるのですが、健常者と全く違う動線になるのが、

少し気になりました。

最後になりますが、絵本から飛び出たような、とてもメルヘンチック

施設は如何でしたか?

奇抜で自由な発想は、藤森氏ならではの設計ですね(驚)

竣工して1年以上経っても、休日には入場制限されるほど大盛況で・・・

ラ・コリーナ近江八幡も、今や滋賀県の観光名所来場者数がトップに

迫る勢いだそうです。

本当に素晴らしいヒントが、この施設の何処かにあるのではないでし

ょうか?

滋賀からは日帰りドライブとしてちょうどイイ距離なので、是非とも

のぞいて見てください!

【設計データ】

設 計:藤森照信(エイ・ケイ、エース設計共同体)

所在地:岐阜県多治見市笠原町2082-5

用 途:美術館

構 造:鉄筋コンクリート造

規 模:地上4階

竣 工:2016年6月

掲 載 :新建築2017年1月号

2017/9/1 金曜日

ゆいの森あらかわ(東京都荒川区立図書館)

Filed under: 未分類 — 管理者 @ 8:41:32

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第90回目です。

9月になっても、まだまだ暑さが続く毎日ですが、皆さん夏バテは大

丈夫ですか?

今回紹介するのは、東京都荒川区に、今年の1月に竣工したばかりの

区立図書館「ゆいの森あらかわ」です。

私事ですが、昔は図書館をいくつか設計した事があって、とても好き

建物のひとつです。

あと、滋賀県は昔から図書館先進県と言われていて、県民一人あたり

の図書貸し出し数は全国トップレベルなんです!

ご存じでしたか?

なので、気になる図書館があると遠方でも見に行ってしまいます・・・

ただ、なかなか取材しにくい建物でもあるので、事前に撮影許可を取

って臨みました!

前置きが長くなりましたが、建物の話しに戻りまして・・・

設計は大手組織事務所の梓設計です。

では、早速のぞいてみましょう!

東京メトロ「町屋駅」で下車して8分ほど歩くと、住宅街の中にひと

きわ大きな建物が姿を現します。

img_1562.JPG

建物入口に造られたミニ庭園でしょうか?

img_1472.JPG

「ゆいの森あいさつ広場」と書かれてあります。

img_1470.JPG

少し変わったオブジェを発見!

img_1467.JPG

建物正面から玄関を臨む。

img_1464.JPG

外壁面を分割&色分けして、ボリューム感を抑えていますね・・・

グリーンの柱がとても印象的!

img_1477.JPG

少し軽い感じもしますが・・・

軒先のディテール。

img_1473.JPG

軒天の木がイイ感じです!

img_1474.JPG

建物銘板もシンプルで、とても見やすいです。

img_1479.JPG

風除室を抜けて中に入ってみます。

img_1483.JPG

とても落ち着いた雰囲気、さすがに図書館ですね(笑)

img_1265.JPG

更に奥へ進んでいきます・・・

天井高さが少し低い印象。

img_1258.JPG

ここが総合案内でしょうか?

img_1533.JPG

近くに1階の案内板を発見!

img_1249.JPG

先ほどの入口は、サブ玄関だったようです(驚)

2層吹抜けのエントランスホール。

img_1250.JPG

オシャレな喫茶店も入っていて、GOODです!

img_1244.JPG

エントランスホールの中心に置かれた、建物の模型。

img_1254.JPG

かなりの規模ですね(驚)

階別案内板で、5階建てであることがわかります。

img_1248.JPG

まずは、エスカレーターで2階へ。

img_1534.JPG

最初に目に入ってきたのが、「吉村昭記念文学館」の文字。

img_1314.JPG

図書館に併設されているのですね・・・

文学館入口の様子。

img_1322.JPG

写真撮影禁止とのことで、中へは入らず・・・

うろうろしていると、「ゆいの森ホール」の文字を発見!

img_1277.JPG

壁面一杯に絵本架が作られています(驚)

img_1271.JPG

2階分の高低差を利用したホールにびっくり!

img_1268.JPG

小さな催しはもちろんの事、普段はゆっくりと読書できるスペースに

と、多目的に利用可能で、とても素晴らしい発想です!(驚)

高級感のある椅子。

img_1514.JPG

もう一度同じルートを辿って、次は3階へ・・・

エントランスホール上部が吹抜けになっていて、それを囲むように机が

配置されています。

img_1368.JPG

一般書架のコーナー。

img_1335.JPG

書架もちょうどいい高さです。

続いては、CD-DVDコーナーへ。

img_1351.JPG

書架や床の色は、ダーク系にまとめられています。

img_1347.JPG

椅子の木目色がとても目立ちます!

img_1345.JPG

開架室の中心にある階段で4階へ・・・

img_1352.JPG

ガラスの手摺が、階段自体の存在感を薄めています。

img_1354.JPG

ガラス手摺のディテール。

img_1356.JPG

シンプルで高級感があります!

4階は専門書を中心としたコーナー。

img_1363.JPG

書架が少し高めですが、利用者層が高いので大丈夫でしょう!

5階は自由に談話できる、交流スペースが中心です。

img_1382.JPG

又、独立した学習室も設けられています。

img_1377.JPG

各席に照明器具も完備!

img_1376.JPG

交流スペースの奥にある屋外テラス。

img_1387.JPG

東京スカイツリーも、ハッキリ見る事ができます(驚)

img_1391.JPG

とても立派な手摺。

img_1396.JPG

1mあたり、一体いくらするのでしょうか?(笑)

テラス側から建物を見る。

img_1389.JPG

壁と連続させた庇。

img_1421.JPG

良く使われるデザイン手法ですね!

早くも雨漏れ発生?

img_1422.JPG

最上階にて、恒例のトイレチェック(笑)

img_1384.JPG

サインはシンプルですが、とても可愛い感じ。

内部はコントラストを利かせていますね!

img_1411.JPG

清潔感&高級感があります。

洗面コーナーに、ポットのようなものが?

img_1415.JPG

良くみると、エアータオルでした(笑)

img_1413.JPG

これなら水滴が床に落ちないですね・・・

裏階段にて再び1階へ。

img_1405.JPG

サブ動線なのに、ちゃんと2段手摺になっています(驚)

「あそびランウジ」のプレートは、チャイルドコーナーでしょうか?

img_1485.JPG

ユニークなスツールや・・・

img_1487.JPG

遊具も充実!

img_1500.JPG

ベビーコーナーの様子。

img_1491.JPG

何と、授乳室もダブル(驚)

img_1492.JPG

「おはなしの部屋」は・・・

img_1506.JPG

窓も低くて楽しい感じです!

再び外部に出てみます・・・

img_1519.JPG

施設の正面は、こちらのようですね(笑)

正面から玄関を臨む。

img_1521.JPG

隣りには、地下駐車場へのスロープが併設されています。

img_1439.JPG

交差点からの全景。

img_1551.JPG

それにしても、電線が邪魔ですね・・・

歩道に併設された駐輪場は満杯です!

img_1452.JPG

地域に親しまれているのが、良くわかります。

最後になりますが、今、最も新しい図書館のひとつである「ゆいの森

あらかわ」はいかがでしたか?

子供からお年寄りまで、全ての年齢層が、色んな目的によって自由に

利用できる最高の施設だと感じました!

羨ましい限りです・・・

荒川区の人口を調べたところ、約21万人でした。

大津市は約34万人ですが、比較すると、やはり東京23区はお金が

あるんだなぁ~と思ってしまいます・・・

東京の観光名所もいいけれど、ここは是非のぞいてみて欲しいです!

 

【設計データ】

設 計: 株式会社梓設計

所在地: 東京都荒川区荒川二丁目50番1号

用 途:図書館

構 造:鉄筋コンクリート造

規 模:地上5階、地下1階

竣 工:2017年1月

掲 載:新建築2017年5月号

2017/8/1 火曜日

横尾忠則現代美術館

Filed under: 未分類 — 管理者 @ 10:24:36

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第89回目です。

8月になって、本格的な暑さが到来しましたが、皆さん元気でお過ご

しでしょうか?

今回は神戸市にあります「横尾忠則現代美術館」を紹介します。

横尾忠則氏は兵庫県西脇市出身の美術家・グラフックデザイナーです。

この建物は、 建築家・村野藤吾氏の最初の美術館作品として、

1982年に竣工した兵庫県立美術館を改修したものなんです(驚)

改修設計は、兵庫県住宅建築局+姫路建築事務所が担当。

前置きが大変長くなりましたが、早速のぞいてみましょう!

阪急神戸線・王子公園駅から10分ほど西に歩くと、真っ白い建物が

姿を現します。

img_5026.JPG

現在は「兵庫県立美術館王子分館・原田の森ギャラリー」となってお

り、その西館が横尾忠則現代美術館です!

この部分が西館ですね・・・

img_5027.JPG

外壁の建物銘板が、とてもオシャレです。

img_5021.JPG

手前には円形ガラス張りの下屋があります。

img_5029.JPG

どうやら喫茶店のようです!

img_5020.JPG

この部分は、後で増築されたのかも知れませんね?

入口前の案内板が印象的!

img_5019.JPG

グラフィクデザイナーというのが、何となくわかりますね(笑)

この奥が玄関でしょうか?

img_4930.JPG

原田の森ギャラリーとの位置関係は、こんな感じ。

img_4917.JPG

とても分かりやすいですね・・・

ガラス張りの1階部分。

img_5045.JPG

屋外テラスもあります・・・

ガラスに張られたカッティングシートがカッコイイ!

img_4927.JPG

ステンレスミラー仕上げの正面玄関。

img_4926.JPG

玄関脇の竣工銘板に感動!

img_5017.JPG

早速、中へ・・・

ゆったりした風除室。

img_4951.JPG

風除室を抜けると、縦型モニターがお出迎え!

img_5050.JPG

良く見ると、お化けのスマホのようですね(笑)

美術館の受付。

img_4958.JPG

とてもオープンな雰囲気でGOODです!

それもそのはず、1階全体がオープンスタジオとなっているんです!

img_4948.JPG

窓際に置かれたスツール。

img_4955.JPG

壁面に貼られた館内案内図を発見!

img_4950.JPG

ここはお決まりのミュージアムショップですね(笑)

img_4959.JPG

とても印象的な独立柱(驚)

img_4965.JPG

受付裏のバックヤード。

貸出用の車イス&ベビーカーがあります。

img_4964.JPG

コインロッカーもありますが、少し分かりにくく残念。

img_4962.JPG

EVで最上階に上がってみます。

img_4966.JPG

内壁は地味なタイル貼りです。

img_4971.JPG

この部分は、きっと当時のままなのでしょう。

地味から一転、EV内は綺麗なブルーでビックリ!

img_4974.JPG

4階は休憩・閲覧コーナーと、アーカイブルームです。

img_4975.JPG

赤で統一された壁面がとても印象的!

閲覧コーナーは思ったよりコンパクトですね(笑)

img_4978.JPG

コンセントも、目立たないように配慮されています。

img_4988.JPG

右側のガラス部分が、アーカイブコーナー。

img_4983.JPG

とてもたくさんの資料が詰まっています。

img_4977.JPG

脚元には、撮影スポットと書かれた札がある廊下・・・ 

img_4991.JPG

こんな感じです!

img_4990.JPG

窓からの景色。

img_4984.JPG

向かい側には、王子動物園があります。

恒例のトイレチェック!

サインは至ってシンプル。

img_4992.JPG

ホワイトを基調とした内部は清潔感あふれています。

img_4993.JPG

天井にはシルバーのアルミスパンドレルが使用されています(驚)

img_4995.JPG

これ、結構イイ感じです!

続いて、階段で3階へ・・・

img_4998.JPG

サインはどこもシンプル。

img_4999.JPG

手摺は当時のままのようですね・・・

img_5000.JPG

EVロビーは少し寂しい感じです。

img_5003.JPG

展示室は撮影不可で、ごめんなさい・・・

2階EVロビーには、かろうじて展示がありました(笑)

img_5011.JPG

img_5014.JPG

最後になりますが、丹下健三と共に、日本のモダニズム建築をリード

してきた村野藤吾氏設計の建物はいかがでしたか?

外部はできるだけ手を加えず、内部を大胆にリノベーションした改修

設計は、なかなか見ごたえがあります!

隣りの「原田の森ギャラリー」も大変素晴らしいのですが、紹介できず

残念・・・

王子動物園の近くにありますので、夏休みを利用して、是非ともご家族

のぞいてみてください!

【設計データ】

設 計:村野藤吾(改修:兵庫県住宅建築局+姫路建築事務所)

所在地:兵庫県神戸市灘区原田通り3-8-30

用 途:美術館

構 造:鉄筋コンクリート造

規 模:地上4階

竣 工:1982年(改修:2012年11月)

掲 載 :-

2017/7/1 土曜日

可児市文化創造センター ala

Filed under: 未分類 — 管理者 @ 8:31:21

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第88回目です。

今日から7月、早くも一年の半分が過ぎましたね(笑)

一体、梅雨はどこへ行ったのやら?・・・という感じですが、皆さん

元気で過ごしでしょうか?

今回紹介するのは、お隣の岐阜県可児市にあります『可児市文化創造

ター』です。

この施設の愛称は「ala(アーラ)」といい、イタリア語で「翼」

意味します。

設計は香山壽夫(ひさお)氏。

余りなじみが薄いかも知れませんが、東京大学名誉教授で、日本建築

学会賞や日本芸術院賞を始め、数々の賞を受けられている偉~い先生

なんです!

では早速、のぞいてみましょう!

広大な駐車場に車を停めて、施設に向かいます。

img_4255.JPG

施設への渡り廊下。

img_4259.JPG

軒先のディテール。

img_4260.JPG

なかなか凝っていますね!

渡り廊下は、長い道のりです・・・

img_4263.JPG

道路も横断します(笑)

img_4267.JPG

途中には車椅子駐車スペースがありました。

img_4269.JPG

雨には濡れませんが、施設玄関から少し遠いように思います。

このスペースは駐輪場なのでしょうか?(笑)

img_4271.JPG

「ala」のロゴは、ちゃんと翼がデザインされていますね!

img_4273.JPG

大きな庇が印象的な外観。

img_4281.JPG

何と、軒天は銅板仕上げです!(驚)

img_4287.JPG

結構、お金がかかっていますね~

施設はL型配置です。

img_4279.JPG

その中心には、大きな広場があります。

img_4302.JPG

奥に見えるのは、屋外ステージでしょうか?

何から何まで、大きなスケールでびっくりです!

玄関は2層吹抜けのガラス張り。

img_4290.JPG

中に入ると、広々としたエントランスが続きます・・・

img_4356.JPG

銅板の天井が室内まで続いています(驚)

片隅に置かれた模型を発見!

img_4366.JPG

隣りには、たくさんの表彰盾が置かれています。

img_4364.JPG

もう少し、ちゃんと飾って欲しいものです(怒)

こちらは情報コーナー。

img_4369.JPG

メインの位置にありながら、とても落ち着いた雰囲気です。

続いて、大ホールのホワイエに移動してみます。

img_4390.JPG

エントランスホールと同じような雰囲気です。

少し変化があっても良いかも・・・

シンプルでとても見やすい座席案内板。

img_4393.JPG

主劇場は、宇宙(そら)のホールと書かれています。

大きなガラス窓がありながら、トップライトが設けられています!

img_4399.JPG

宇宙(そら)のホールなので、星を見るためでしょうか?(笑)

ここで恒例のトイレチェックです!

ベージュを基調とした内装は、落ち着いた雰囲気です。

img_4435.JPG

最近はホワイトが主流なので、少し古さを感じてしまいます・・・

L型の中心に置かれた施設案内板。

img_4464.JPG

こちらが小劇場、虹(にじ)のホールです。

img_4404.JPG

イベント開催中で内部を写せず、ごめんなさい。

階段を上がって2階へ・・・

img_4402.JPG

こちらのトップライトはとても効果的です!

会議室等の小部屋がまとめられています。

img_4432.JPG

チャイルドスペースも充実!

img_4433.JPG

ゆったりした幅の廊下はGOODです!

img_4434.JPG

休憩スペースは、どこも学生の自習室になってしまいますね(笑)

img_4448.JPG

外部に向かって設置されたステンドガラス。

img_4437.JPG

市民の手作りと書かれています(驚)

img_4438.JPG

2階から、エントランスを見下ろす。

img_4452.JPG

バックヤードの階段で1階へ・・・

img_4376.JPG

手摺が少し重々しいです。

img_4375.JPG

再び外部に出てみます・・・

こんなところに駐輪場がありました。

img_4316.JPG

あえて柱を傾けていますが、イマイチです・・・

平板を金物止めした珍しい外壁。

img_4326.JPG

ディテールを見る。

img_4324.JPG

主劇場の舞台上部、吊物があるところです!

img_4328.JPG

シルバーの金属サイディング仕上げ。

img_4329.JPG

この部分のデザインはとても難しいですね・・・ 

続いて、バックヤードに向かいます。

img_4333.JPG

単調になりがちな開口部も、ちゃんと工夫していますね!

img_4340.JPG

こちらは主劇場の大道具搬入口。

img_4342.JPG

かなり高さがありますね(驚)

img_4343.JPG

劇場楽屋口の片持ち庇がすご~いです!

img_4338.JPG

中に入ってみます。

img_4416.JPG

シンプルな素材でまとめています。

階段を上がると、正面入口に戻ります。

img_4412.JPG

更に奥に進んでいきます・・・

img_4421.JPG

何も催しがなく、バックヤードも見れて良かったです(笑)

最後になりますが、久々の大規模建築はいかがでしたか?

紹介できていない処もたくさんあり、取材泣かせの建物でした(泣)

とても立派な建物ですが、可児市の人口を調べた処、約99000人

でした。

甲賀市が90000人なので、あまり変わりませんね(笑)

人口に比べて少し大きすぎる施設のようにも思いますが、とにかく

羨ましいです・・・

中部地方に行かれた際には、是非とものぞいてみてください!

 

【設計データ】

設 計:香山壽夫建築研究所

所在地:岐阜県可児市下恵土3433-139

用 途:文化施設

構 造:鉄筋コンクリート造 鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造

規 模:地上4階、地下2階

竣 工:2002年3月 

掲 載 :新建築2002年9月号

2017/6/1 木曜日

すみだ北斎美術館

Filed under: 未分類 — 管理者 @ 11:52:38

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第87回目です。

まだ6月だというのに、連日暑い日が続きますが、皆さん元気でお過

ごしでしょうか?

今回紹介するのは、東京墨田区に昨年竣工した『すみだ北斎美術館』

です。

久々の東京ですね~!

設計は、金沢21世紀美術館などを手掛けた妹島和世です。

金沢もすごく良かったので、興味津々です・・・

早速、のぞいて見ましょう!

JR両国駅を降りて、10分ほど線路沿いを歩くと、シルバーに輝い

た施設が姿を現します。

img_4821.JPG

一見して、建築家の作品である事がわかりますね(笑)

手前の公園から、建物全景を臨む。

img_4808.JPG

三角形の切り込みが印象的!

img_4810.JPG

良く見るとアルミパネルの外壁には、角度がついています(驚)

こちら側が、どうやら正面のようです。

img_4636.JPG

この三角形部分が入口です。

img_4807.JPG

建物案内板を発見!

img_4639.JPG

とてもシンプルで、見やすいです・・・

建物部分のアップ。

img_4640.JPG

建物は分割されていて、通路で結ばれているようです。

通路を進んでいきます!

img_4641.JPG

今までに無い感覚ですね(驚)

通路幅は狭く、壁が傾いているので端は歩けません(笑)

img_4833.JPG

頭上注意のパイロンでしょうか?

img_4831.JPG

美術館入口の風除室。

img_4796.JPG

かなりコンパクトです。

中に入ると、オープンカウンターのチケット売り場があります。

img_4842.JPG

ミュ-ジアムショップは大盛況!

img_4854.JPG

この四角の箱はトイレです。

img_4855.JPG

まずは荷物を預けるため、地下1階のコインロッカーへ・・・

螺旋階段がお出迎え。

img_4675.JPG

ホワイトのコインロッカーが、とてもオシャレ!

img_4662.JPG

向かいにはソファーと、自販機があります。

img_4663.JPG

とても贅沢な空間ですね(驚)

地下1階から螺旋階段を臨む!

img_4661.JPG

何とも「絵」になりますねぇ~

螺旋階段の奥には、トイレがあります。

img_4655.JPG

恒例のトイレチェック。

ホワイトのモザイクタイル張りで、とても清潔感がありますね!

img_4656.JPG

洗面コーナーもシンプルです。

img_4659.JPG

もう一度1階に戻り、EVで展示室のある4階まで上がります。

img_4852.JPG

4階のエントランスホール。

img_4690.JPG

隣りには、ゆったりした休憩コーナーがあります。

img_4693.JPG

ホワイトに統一された避難器具。

img_4696.JPG

窓の外側にはパンチングメタルが張られています!

img_4700.JPG

近づくと、外の景色が見えます・・・

img_4686.JPG

続いて、常設展示室へ・・・

img_4705.JPG

壁に掛けられたパネル。

img_4712.JPG

作品の解説。

img_4713.JPG

最新の映像設備が、興味をそそりますね・・・

img_4714.JPG

常設展示室の入口。

img_4734.JPG

北斎の代表作、「冨獄三十六景・神奈川沖浪裏」が見えています。

展示室の内部も撮影可能。

img_4739.JPG

作品の展示は勿論・・・

img_4751.JPG

タッチパネル式の展示案内も整備されています!

img_4763.JPG

常設展示室を出て、3階へ・・・

またもや螺旋階段ですね(驚)

img_4709.JPG

3階にある企画展示室は、撮影不可なのでスルーします(笑)

ミニシアターでしばし休憩・・・

img_4775.JPG

 奥の窓に目をやると、スカイツリーがそびえ立っていました(驚)

img_4777.JPG

何とも素晴らしいロケーションです!

再び1階へ降りてみます。

部屋を区切っている内部通路。

img_4835.JPG

1階には貸会議室のような部屋と・・・

img_4829.JPG

図書室があります。

img_4830.JPG

建物周りをグルッと一周・・・

img_4812.JPG

ツリーサークルは、さすがに円形です(笑)

駐輪場は約10台程度、停められるでしょうか?

img_4824.JPG

駐車場は何と1台分のみ(驚)

img_4638.JPG

都会はこれで大丈夫なんですね~

シルバーの外壁は、太陽の反射によって、様々な表情を見せます。

img_4859.JPG


最後になりますが、斬新なデザインと洗練された内部空間をもつ北斎

美術館はいかがでしたか?

現在整備中の滋賀県立近代美術館も、実は妹島和世(+西沢立衛)が

手掛けるんです!

同じようなデザインが見られるかも知れませんね・・・

2020年3月のオープンが楽しみです。

それまでに、是非とも北斎美術館をのぞいて見てください!

【設計データ】

設 計:妹島和世建築設計事務所

所在地:東京都墨田区亀沢2-7-2

用 途:美術館

構 造:鉄筋コンクリ-ト造 一部鉄骨造

規 模:地上4階、地下1階 

竣 工:2016年11月

掲 載 :新建築2017年1月号

2017/5/1 月曜日

瞑想の森 市営斎場

Filed under: 未分類 — 管理者 @ 7:49:36

三陽アートギャラリー「ちらっとのぞいてきました」第86回目です。

今年のGWはカレンダーの並びも良く、9連休の方も多いと思います

が、皆さん元気でお過ごしでしょうか?

今回は、岐阜県各務原市にあります、市営の斎場「瞑想の森」を

紹介します。

このアートギャラリーも85回を超えましたが、「斎場」を紹介する

のは初めてですね!

いよいよ紹介する作品が無くなってきたのか?・・・と思われた方、

けっしてそうではありません(笑)

何と、世界的建築家である伊東豊雄氏の設計で、かなりユニークな

建物なんです・・・

では早速、のぞいてみましょう!

東海北陸自動車道・岐阜各務原ICから、車で約15分ほどのところ

に、「瞑想の森」はあります。

img_4059.JPG

市街地を離れた、結構な山の中です!

斎場なので、もっともですが・・・

駐車場はガラガラです(笑)

img_4061.JPG

白い布をふわっと被せたような屋根が、とても印象的!

img_4060.JPG

自然石を使用した建物銘板。

img_4064.JPG

アプローチを進んでいきます・・・

img_4072.JPG

屋根全体が車寄せになっています。

img_4076.JPG

奥行きに対して屋根が高いので、吹きぶりが少し心配です・・・

真下から屋根を見る。

img_4241.JPG

この細い柱は、構造体なのでしょうか?

img_4080.JPG

実は竪樋を兼ねているんです(驚)

正面から風除室を臨む。

img_4221.JPG

不規則な曲線と対照的に、直線を強調したラインが格好イイ!

ファサードは全面ガラス張りになっています。

img_4225.JPG

奥には、一部壁面のところも・・・

img_4082.JPG

中央に貼られたプレートには?

img_4081.JPG

BCS(建築業協会)賞と、書かれてありました・・・凄いですね!

続いて、中に入ってみます。

かなり幅の広い風除室内部。

img_4211.JPG

床面全てがSUSラインマットになっています。

室内側からの風除室の様子。

img_4209.JPG

うまく言葉にできませんが、とても美しいです・・・

30分間限定ですが、内部は自由に撮影することができます。

見学者にとっては、とても嬉しい限りです(笑)

初めに、事務室にて案内書なるものを預かります・・・

img_4119.JPG

黄色い部分が、見学可能エリアです。

ゆったりしたエントランスホール。

img_4249.JPG

床&内壁は大理石張りで、とても豪華です(驚) 

img_4246.JPG

大きくアールの取られた巾木。

img_4250.JPG

内壁は、天井と縁を切ってあり、間接照明で曲線の天井が浮き上る

仕掛けです!

img_4096.JPG

さりげなく、エントランスホールに置かれたベンチ。

img_4091.JPG

5枚の板を重ねて皿のように削ることで、綺麗な模様が見れるよう

になっています。

img_4092.JPG

正面からの入口は、告別室。

img_4203.JPG

ここで、故人とお別れします。

img_4205.JPG

ゆったりとした、待合いロビー。

img_4124.JPG

全面ガラス窓からの眺め。

img_4126.JPG

大きな池が広がっています。

待合いロビーから、炉前ホールを見る。

img_4102.JPG

床面から2m位までは、フラットバーで装飾が施されています。

img_4105.JPG

炉前ホールの全景。

img_4116.JPG

とても荘厳な雰囲気があります。

向かって右手には、炉室が並びます・・・

img_4108.JPG

正面からブースを見る。

img_4107.JPG

ここで、恒例のトイレチェックです!

img_4127.JPG

シンプルなSUSのピクトサイン。

img_4128.JPG

黒を基調とした、トイレ内部。

img_4135.JPG

最近は白が主流なので、個人的には少し重いように感じます・・・

隣にある自販機コーナー。

img_4139.JPG

珍しいピクトサインですね(笑)

img_4143.JPG

電話コーナーには、まだピンク電話が置かれていました(驚)

img_4148.JPG

続いて、待合いロビーの奥にある個室をのぞいてみます。

img_4138.JPG

赤茶の部分は、意図的に壁面のテクスチャーを変えています。

個室は、和洋それぞれのタイプがあります。

洋室の様子。

img_4151.JPG

各部屋は、全て池に面しています。

ゆったりしたソファー。

img_4153.JPG

続いて、和室へ。

img_4169.JPG

やはり、畳の部屋の方が落ち着くように感じます。

img_4172.JPG

各室に設けられた給茶スペース。

img_4171.JPG

再び外部に出てみます・・・

池側から建物を臨む。

img_4213.JPG

バックヤード側の様子。

img_4231.JPG

外壁は、RC打ち放しでした・・・

通用口?と思いきや・・・

img_4235.JPG

動物火葬の受付でした。

img_4230.JPG

最後になりますが、普段あまり見ることのない斎場はいかがでした

か?

できれば利用したくない用途の施設ではありますが、この斎場は、

ミニコンサート等も開催し、多目的に利用されているそうです(驚)

きっと、市民の理解があったのでしょう!

基本的には自由に見学できるのですが、「友引」以外の日で、かつ

「9:00~9:30まで」と、日時の制約があります。

早起きしていただいて、是非とものぞいてみてください!

【設計データ】

設 計:伊東豊雄/伊東豊雄建築設計事務所

所在地:岐阜県各務原市那加扇平2番地5

用 途:斎場

構 造:鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造

規 模:地上2階

竣 工:2006年5月

掲 載 :新建築2006年7月号

次のページ »

Copyright (C) 2007 SANYOUKENSETSU. All Rights Reserved.

HTML convert time: 1.147 sec. Powered by WordPress ME

-->