採用情報

先輩社員インタビュー

INTERVIEW

先輩社員が、どのような入社理由で、どのような仕事をして
どのようなやりがいを持って働いているのか、ぜひ参考にしてください!

役員からのメッセージ

MESSAGE
代表取締役社長 阪本 仁彦
専務取締役 阪本 仁彦

役員、上司との距離が近く、仲間意識の強い会社です。

求める人材

三陽建設に興味を持っていただきありがとうございます。我が社は明るく前向きで、自分の考えや思いをしっかり伝えることができる方を求めています。
社長である私が言うのもなんですが、我が社は大変風通しのよい会社だと思っております。大きな現場を作っていくためには、社員同士の信頼関係が必要不可欠です。そこには社長も上司も新人も垣根は必要ない!というのが三陽建設の考え方です。ひょっとしたら新卒の皆さんは戸惑うかもしれませんが、役員、上司との距離が本当に近い会社ですので、思いを伝えられる機会もたくさんあります。ですので、気後れせずどんどん自己表現していって欲しいです。
現在、各部門の分社化とホールディングス化を進めておりますので、ゆくゆくは各部門のトップを目指してもらい、一緒に三陽建設を盛り上げていってもらえればうれしいですね。
未来へと続く会社を目指しています。まずは100年!あと36年をあなたと一緒に創って行ければと切に願っております。

学生へのメッセージ

若いうちにやりたいことを決めなければと焦っている人は多いのではないでしょうか?かく言う私もそうでした。しかしながら、時には回り道も必要で仕事で学んだ様々なことが、今の自分を形成したように思えます。これだ!と決めずに、まずは、視野を広く持ってください。仕事の幅が広がりますし、今よりもっとやりたいことが見つかるかもしれません。
また、私は会社というものは役割分担だと思っております。同じ目標を持った仲間たちがいて、たまたま責任や仕事内容が違うだけではないでしょうか。
困ったことや悩むことは勿論ありますが、思いを同じくした仲間や先輩が一緒だと必ず乗り越えることができます。
まずはこの会社を知り、好きになってもらい、三陽建設で自分の楽しい仕事が見つけてください。あなたに会えることを楽しみにしております。

代表取締役社長 阪本 仁彦

先輩社員インタビュー

お客様に喜んでもらえること、
感謝されることが一番の喜びです。

1998年入社 工事部 M・H さん

どんな仕事を担当していますか?
工事部20年目 主任
現在は地元の体育館の新築工事の現場所長をしています。
責任者として、現場全体の管理をしています。とくに品質管理や予算管理が主な仕事です。
会社として利益を確保することも勿論大切ですが、お客様に満足してもらえることが大事です。
魅力ややりがい
まず、モノづくりをしている身としては、やはり仕上がった瞬間の達成感ですね。
何回経験しても、組んでいた足場を外し、建物の出来上がりを見たときは感動します。
また、私たちが作るモノには当然お客さんがいますし、お客様の要望どおりでなければなりません。引渡し時に、お客様に喜んでもらえること、感謝されることが一番の喜びです。
今後の展望
時代の変化というべきか、仕事の教え方ひとつをとっても、自分の頃とは大きく変わったと思います。
その中で自分も部下を持つことで、いろいろな気付きがありました。
若手の成長は自分の成長にもつながり、結果として会社の成長にもつながります。
これから先は教育というのも大きな課題ですね。これまで以上に意識しなければなりません。

完成時の「ありがとう」 という言葉が、
また次も頑張ろうという力になります。

2006年入社 工事部 U・T さん

どんな仕事を担当していますか?
施工管理をしています。現場では多くの職人さんたちをまとめ上げ、一致団結して建物を作ります。
天候にも左右される仕事ですので、期限に間に合うように工事を進めることは非常に頭を使います。
また、お客様や設計監理者の要望に応えるのも容易ではありません。
プレッシャーも多く大変な仕事ですが、それでも完成時に「ありがとう」と言ってもらえると、また次も頑張るぞと力が湧いてきます。
三陽建設を選んだ理由を教えてください。
どちらかといえば、住宅とかよりはもっと大きな建物を作る仕事がしたいと思っており、就職先を探していた時に、たまたま目に止まったのが地元にある三陽建設でした。
社長がアイデアマンで、IT化にも意欲的で、田舎の小さな建設会社という感じはしませんでした。
それと同時にこの会社なら面白いことができるぞと思ったのがキッカケです。
10年後&入社時の自分へ「伝えたい言葉」
いくつかの事業部も増え、今よりももっと幅広い仕事をしていると思います。
その中で、自分も成長し主力として活躍していたいです。
仕事を選ぶ時にあれこれ考えてもしょうがありません。働く前と後で、多かれ少なかれギャップは必ずあります。
最後に決めるのは自分自身です。自分が決めたことならば頑張れるはずですし、必死になって頑張れば結果はついてくると思います。

様々な条件下の中でいろんな経験ができ
日々成長を感じられることが一番の魅力

2015年入社 工事部 T・A さん

どんな仕事を担当していますか?
工事部4 年目
現在は図書館の改修工事の現場にいます。
現場の巡回や施工計画、工事の報告書など提出書類の作成が主な仕事です。
成長したところ
一年目の何もわからなかった頃に比べ、現場で今どのようなことをしているか、次にどのようなことをするかなど、全体の流れがわかるようになった為、職人さんに対しても適切な対応がとれるようなったと思います。
また、段取りをしっかりすることで、職人さんにも適切な指示が出せるようになり、仕事がスムーズに進むようになったと思います。
この仕事のやりがい
同じことをするのではなく、現場ごとにいろんな経験ができるのが私にとって一番の魅力です。
様々な条件下の中で最適解を出せるよう努力することで、日々成長を感じられる仕事です。女性にとって体力的にしんどい部分は確かにありますが、その分、現場で接する職人さんは気遣ってくれたりと、意外に優しかったりすることも嬉しいですね。

いろいろな業務体験や、先輩方との交流で
早く会社に馴染むことができました。

2018年入社 工事部 F・K さん

どんな仕事を担当していますか?
工事部1年目
現場に出入りする協力業者さんに提出してもらう書類や工事写真の管理、現場の見回りをし、危険がないかの確認をしています。
入社して一年経ちますがどうですか?
現場に配属されるまでの半年間はアカデミー部門に所属しました。
すぐに現場に配属されるのではなく、各部署を回り、いろいろな業務を経験し、会社全体を見る時間を持つことができたのは良かったです。
その後、工事部配属となり、最初は小学校の改修工事の現場に行きました。
職人さんに指示を出すなど、直接的な関わりはまだできませんでしたが、徐々に建物が仕上がっていく様子を見ることができたのはいい経験になりました。
早く仕事を覚えて、いろいろなことを経験したいです。
また、研修旅行や年中行事など、社員間の交流が多く、先輩方と関わる機会があり、早く会社に馴染むことができました。
就活生へのメッセージ
就職活動する時に僕が決めていたことは、自分の感覚を大事にしようということです。
三陽建設は説明会に参加した時から、社員間の和気あいあいとした雰囲気が感じられ、そこに魅力を感じていました。実際に働いてみても、イメージ通りの会社でした。
色々な選択肢がある今だからこそ、自分とマッチングする企業を選んで欲しいです。

お客様の想いを形にする、
その1歩目が私たちの仕事です。

2014年入社 設計・積算部/設計 F・M さん

どんな仕事を担当していますか?
設計の仕事しています。
設計は守らなければならない規則や安全性を考えながら、最善の手を尽くしお客様の想いを形にし、図面を作ります。
最後にはお客さんに喜んでもらえるよう、難しい仕事でありますが、やりがいを持って頑張っています。
三陽建設を選んだ理由を教えてください。
女性が外に出て働くことに対して、とてもオープンな考えを持った会社だったからです。
今は設計ですが入社時は工事部で現場に出ていました。現場でバリバリ働く女性の先輩社員も在籍しており、不安はありませんでした。
10年後&入社時の自分へ「伝えたい言葉」
とにかく覚えることが多く、百通りの答えがある仕事だとも思います。
そのためにも日々勉強し続けなければなりません。
現場に女性が出て働くことが、まだまだ快く思われないのが建設業界の現状だと思います。
その中で、この会社に出会えたことは良かったと思います。

たくさんの見積物件の中でも、
契約に結びつくのはほんのわずかです

2012年入社 設計・積算部/積算 N・A さん

どんな仕事を担当していますか?
積算業務を担当しています。
積算とは図面から、その建物がいくらでできるのかを見積もる仕事です。
年間で数百件の見積りをしても、契約につながるのはほんのわずかです。
その分、契約に繋がった時の喜びは格別のものがあります。
三陽建設を選んだ理由を教えてください。
会社説明会に社長が参加しており、直接お話できたことが大きかったと思います。
また、若手社員も多く参加しており、ともに働く先輩がイメージできたのも良かったと思います。
10年後&入社時の自分へ「伝えたい言葉」
今後もさまざまなライフイベントがあり、生活も変わるでしょうが今と変わらずやりがいを持って働いていたいと思います。
学生時代全く知らない職種で不安でしたが、今では自信を持って働けています。

早い段階で多くの経験ができ、早く成長できる

2012年入社 工事部K・K さん

どんな仕事を担当していますか?
現場監督をしています。
小さな現場ではありますが、ようやく所長をさせてもらうことができました。
業者の手配やお金の管理など、これまでとは違う大変な面もありましたが、達成感も一入で、とてもやりがいのある仕事です。
三陽建設を選んだ理由を教えてください。
早い段階で所長になれると聞いたからです。
若い段階で任されることも多く、経験できることがたくさんあります。
日々成長を実感しています。
10年後&入社時の自分へ「伝えたい言葉」
10年後は部下を持ち、もっと大きな現場で所長をしたいと思います。
社会人は思った以上に時間を作るのが難しいので、時間を有意義に使うことが大切です。

後輩達に仕事を通じて
成長してもらうことがやりがい

2017年入社 営業部O・C さん

どんな仕事を担当していますか?
営業部に所属しており、福祉・公共グループの所属長を担当しております。
お客様への訪問から建築工事の受注迄を行っています。
また、グループ内案件情報の取りまとめや、部下の指導育成を主体としています。
三陽建設を選んだ理由を教えてください。
社員ひとりひとりをしあわせにするため、様々な取り組みを行っている会社であったからです。
私は中途採用で 41 歳のときに入社しました。
20年間建設業界の営業マンとして培った知識や経験をわずかでも活かし、社員みんなの役にたてることが私の人生にとっても有意義になるものと思いこの会社を選びました。
この仕事のやりがい
当社は今まで技術営業の方達が主体として営業活動を築いてきました。
先輩や上司が築いてくれた土台に、誰もが仕事を受注出来る喜びを加えることで、苦しいことや辛い中でも後輩や新入社員に営業の楽しさを実感してもらえると思っています。
後輩達に仕事を通じて成長してもらうことがやりがいです。

社員の皆さんが安心して働けるように
サポートすることが私の仕事です。

2009年入社 総務部S・R さん

どんな仕事を担当していますか?
総務部に所属しており、社員の給与や保険関係、福利厚生などを管理する仕事をしています。 正直、私も担当するまではわかりませんでしたが、働く社員にとってはとても大切なことでもあります。 安心して働いてもらえるよう、社員の皆さんのことを考えながら日々働いています。
三陽建設を選んだ理由を教えてください。
私がこの会社の面接を受けときお話した面接官の方は3年目の社員の方でした。
年齢の近い方が相手だったので、緊張せずじっくりとお話できたのが良かったのだと思います。
10年後&入社時の自分へ「伝えたい言葉」
会社の形も大きく変わるんじゃないかと思います。
その中で今よりももっとキャリアアップして働けていればと思います。
入社を決めるまでに、いろいろと考えはしましたが、結局は自分自身だと思います。
踏み出してみるその気持ちが必要ですね。