10月28日_VS島根スサノオマジック

10月も終わりを迎え、今年も早いもので残り2ヶ月となりました。本当にちゃんと寒くなりましたね。もう秋の出で立ちでは寒いくらいです。そして、布団から出れない季節がやってきましたね。朝はどうやったら、スカッと起きられるのでしょうか…

さて、10月28日のスサノオマジック戦に今シーズン初めての平日参加となりました。去年はお得意様だっただけに開幕2連敗したのはびっくりしましたね。今日こそは勝ってもらいたい…

ここ最近のレイクスはホーム沖縄戦では敗れたもののアウェイのレバンガ戦で2連勝と波に乗っている状態、一方の島根は大阪と沖縄相手に3連敗中でした。連勝で勝率5割を目指すレイクスとなんとか連敗を脱出したいスサノオマジック、そんな2チームの戦いでした

第1Qはいい流れでスタートし、着実に特典を重ねていきました。今回は勝てるかもしれない。いや、勝てるだろうと筆者をはじめ多くの人がそう思ったはずです。が!そんなに甘くはない。第2Qに入るとこちらの攻撃は沈黙し、 相手の反撃を許す展開に。終わってみれば9得点26失点と、島根に逆転されてしまったわけです。

島根の28番ウィリアムス・ニカ選手がコートに立つことで、外国人選手が3人なり、高さで不利になってしまう為、インサイドからの攻撃がなかなかできません。また、外からの攻撃も精度が低く あまり機能しませんでした。

それでも、輝いたのがJO(オクテウス)です。前半からも相手の脅威となってましたが、後半でも魅せてくれました。JOは190センチ前半と外国籍選手の中では、小さい部類に入ります。(余談ですが、信じられないくらい足が細い。)ですが、速さとテクニックがずば抜けていて、見ていて面白い選手です。
JOの活躍他、ハミルトンの連続3Pや晴山の復調で、第4Q残り2分そこらで逆転に成功!

今回は勝てるかもしれない。いや、勝てるだろうと筆者をはじめ多くの人がそう思ったはずです。が!そんなに甘くはない。 (2回目)
不要なボールロストから逆転を許し、1ゴール差で敗れてしまいました。

最終スコアは80対82 島根○

すっごい悔しい!後半追い上げただけに、結果が伴わないのは
なんとも言えず、どっと疲れが出てしまいますね。

でも、滋賀は頑張ったと思います。反撃を食らったのは気の緩みもあると思うので、次戦以降に活かしてもらいたいです。また、島根は外国人選手数的有利もありますが、それ以上にチームの雰囲気の良さを感じました。ショットクロックの掛け声などベンチの選手がよく声を出して、チームを盛り上げていたと思います。まるで去年のレイクスのように…

選手に対して思ったことは

ブラント選手は献身的なプレイで守備も頑張ってくれますし、コート外の雰囲気からもナイスガイなのですが、如何せん攻撃で脅威になっていないように感じます。外からも打てないので、周りとの連携を深めペイントエリア内で、より頼りになってくれる必要がありますね。

狩俣選手、伊藤選手のPG両名には、プレイでもっと引っ張って欲しいと思います。

谷口選手はフレッシュさ満開で、守備でも攻撃でも光るところがあって、今後に期待です。

次戦は強豪アルバルクとの対戦ですが、いい試合を期待しています。

今シーズンも 三陽建設株式会社は滋賀レイクスターズとパートナーシップ企業です。
三陽建設株式会社は滋賀レイクスターズを応援しております。
スポーツから滋賀を元気に!頑張れ!レイクス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です