主力選手の退団を受けて…

まず、書き溜めておいた今シーズンの総括から 

無観客試合でのアルバルク戦は2連敗したものの、見せ場はありましたね。それ故、ベストメンバーでの試合が見たかったなぁ。これが結果として最後の試合になりました。

蔓延するコロナの影響で、3月27日に正式に今シーズンの終了が決定しました。結果は西地区3位、天皇杯準決勝進出と過去最高と言ってもいいシーズンでした。それだけに最後まで見れないのが本当に悔やまれますね。

今シーズンのレイクスは序盤は結果がついてこなかったものの、中盤以降はチームが上手に噛合い、本当に見てて楽しいチームでした。

新加入のアルバルク3人組の目覚ましい活躍に、要所で光るいぶし銀の狩俣、復帰したCBも頼もしかったです。去年からのメンバーに新加入のメンバーがうまく溶け込んで、来シーズンも多いに期待できるチームとなりましたね。

と、ここまで書いて、来シーズンの展望やらを考えながらほったらかしていました。

さて、本題に入ります。

コロナの影響は予想以上に大きく、レイクスはキャプテンの狩野選手を含む昨シーズンの主力選手の多くを手放すこととなりました。

以前、このブログでも書きましたが、スポーツチームはスポンサー収入と興行収入が主な収入源で、レイクスのような大きな後ろ楯がないチームにとっては、一試合一試合が本当に重要になってきます。

シーズン途中での終了、今後も予想される無観客試合、収入を失ったチームを存続させる為には、まず選手の年俸を削るしかないんですよね。

しかしながら、昨シーズンのレイクスの主力選手たちは本当にいいプレイをしてました。
選手の評価はそのまま年俸に直結しますし、短い選手生命の中でピークの時にできる限り多くのお金を得る。選手としては至極まっとうな判断だと思います。

だから、悔しいけれど仕方ないんです。筆者を含めた多くのファンが落胆しているでしょうが、それ以上にフロントの方が悔しいと思うんです。

本日、レイクスの代表の方々から『 ご支援いただいいている皆様へ 』とメッセージが発表されました。これが全てだと思います。真摯な対応でしたね

移籍の決まった選手たちには、これまでの感謝とエールを贈ります。

そして、 いち早く残留を決めてくれた伊藤選手、狩俣選手には引き続きチームを引っ張ってもらい、若手が躍動する魅力あるレイクスが来シーズンも見られればと思います。


三陽建設株式会社は滋賀レイクスターズとパートナーシップ企業です。
三陽建設株式会社は滋賀レイクスターズを応援しております。
スポーツから滋賀を元気に!頑張れ!レイクス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です