Bリーグをお家で観る方法

コロナウィルスの蔓延により3月14日まで中断されていましたBリーグですが、第28節~第32節(3月14日~4月1日開催分)を無観客試合で開催することを決定されましたね。

アルバルク東京、ハンナリーズ、エヴェッサと、2連覇中の王者、西地区首位、京滋ダービーと、ホーム開催でどれも楽しみな試合でしたが、残念ながら会場で観ることはできません。しかし、安全面を考慮すれば致し方ない判断だったと思います。

プロ野球の開幕延期やJリーグの再延期になりながらも、Bリーグが無観客試合を決行したのには、チャンピョンシップの影響があるようで、そのファイナル自体も短縮日程が決まったようです。

試合数もそれほど多くなく、会場のキャパも大きくないバスケットにとっては、1試合あたりの興行収入の比重が他のプロスポーツに比べ大きいと言えます。リーグとしての本当に苦渋の決断だったと思います。リスクのある中で、中止とせずに決行してくれた。それだけでも有り難いことですね。

さて、表題に戻りますが、会場で観ることができないのなら、動画で見ればいいのです。前にも話したことがあるのですが、今回はBリーグが観戦できる方法を紹介したいと思います。

まず1つ目が、DAZNですね。いまや、あらゆるスポーツの観戦がこれに集約されてしまったといっても過言ではない。日本のみならず海外のあらゆるスポーツも観ることができ、勿論NBAも観戦可能です。マルチデバイスでの視聴が可能で、場所を選ばないのも嬉しいですね。月額が1,800円くらいだったと思いますが、ドコモユーザーだと980円で登録可能ですので、ドコモユーザーの方はぜひDAZNでの観戦をおすすめします。

続いて、スカパースポーツチャンネルですね。こちらはDAZNが台頭してくるまでは、多くの方が登録されていたのではないでしょうか。通信の乱れも少なく、1番高画質で視聴できます。テレビで観戦したい方はこちらがおすすめです。

最後に、バスケットLIVEです。その名の通り、日本のバスケットに関しての視聴にのみ特化したツールです。先述しましたDAZNではリーグ戦(B1)以外は視聴できないのですが、こちらは天皇杯などのリーグ戦以外も視聴が可能です。また、ソフトバンクユーザーなら無料で視聴が可能となっています。ソフトバンクユーザーの方で、まだ登録されていない方はぜひとも登録してください。

民放やNHKでもたまに放送はされているようなので、課金しないと観れないというわけでありません。が、魅力に感じるようでしたら登録されてみてはいかがでしょうか。

筆者も今節は6畳間から応援する予定です笑 ではではこのへんで。

カテゴリーTips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です