2月_VSレバンガ北海道

2月の中旬になりましたが、今年は本当に暖冬ですね。このまま厳しい寒さを迎えることなく、暖かい春が来るのかと思うと、不思議な気持ちになってしまいます。そんな中、レイクスは寒さ厳しい北海道でレバンガ北海道と対戦します。

レバンガ北海道といえば、シーズン開幕前に今シーズン限りでの引退表明をしたレジェンド折茂選手もですが、劇団松島で有名な松島良豪選手も2月5日に今シーズン限りの引退を表明し、驚かされましたね。当ブログでも紹介した数少ない選手だけに残念に思います。

さて、15日の試合ですが、 筆者は出先にいた為、その日は試合を見ておりませんでした。電車の待ち時間に、ふとスマホの速報をみてみると、第4Q残り1分強でレイクスが負けていたわけです。ただ、非常に僅差だったので、どうなるか先が非常に気になった筆者はそっと列を離れ、イヤホンをつなぎバスケットLiveを起動して試合を見始めました。

その直後、斉藤選手が3Pを決めます。小さくガッツポーズ。そして 1ポゼッション差で最後の攻撃、ゆっくりボールをもちながら、フリーでボールを受けた狩野選手が 3P を決めちゃうわけですよ。思わず声が出てしまいました。本当に頼りになる男です。その前の斉藤の 3P が効いていたのと、佐藤選手の走り込みが良かったです。残り4秒なんとか攻撃に耐え、76-77でレイクスが劇的勝利をおさめました。

この試合では6人の選手が2桁得点を上げました。連帯感のある攻撃ができている証拠ですね。また、新加入の前田選手が初得点を決めました。
花道くんのような連続ジャンプで 、一度外したのを自ら拾い直して得点を決めました。身長が191cmもあり、身体能力も高そうなので楽しみですね。

そして、続く17日は、終始レバンガを圧倒し勝利しました。今シーズン、レバンガには負けなし!接戦をものにできたのがやはり大きかったですね。

今回の勝利でレイクスは3シーズンぶりに5連勝をあげたようです。前回達成したのはBリーグ初年度の終盤の6連勝のときですね。あれ以降、滋賀にはお馴染みの残留力という言葉がありまして、筆者もTシャツを持っています。が、今年はそれの出番もなさそうで、本当に良かったです(笑)

代表戦明けは、強豪との連戦が続きますが、この勢いでどうにか勝ちをもぎ取りたいですね。

三陽建設株式会社は滋賀レイクスターズとパートナーシップ企業です。
三陽建設株式会社は滋賀レイクスターズを応援しております。
スポーツから滋賀を元気に!頑張れ!レイクス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です