シーズン開幕!

久方ぶりの投稿になりますレイクス応援ブログ。忘れていたわけでも、情熱がなくなったわけでもありません。ご安心を。

さて、今回はこれまでのレイクスと今シーズンの希望的観測とを書いていきたいなと思います。

まず、補強面について

昨シーズンも例年通り驚異の残留力(この言葉を喜んで使っているブースターはいない)を発揮しましたが、その原動力となったダーラム選手とは契約できず。唯一の救いは、同じく原動力となったウォーカ選手の残留です。彼は若手にも積極的にアドバイスをし、若いチームにおいて、とても頼りになる存在でした。今シーズンも一緒に戦ってくれることを本当に感謝したいです。その他に関しては、スターターにはほとんど変更がなく、新加入の選手のことを考えると昨シーズンより戦力アップしたといってもいいでしょう。個人的に鹿野選手が好きだったのでそれだけが心残りですが、、、

新加入でとくに注目したいのがアルバルク東京からレンタル移籍したきた二人組ですね。甘いマスクのスピードスター斎藤拓実選手と、日本代表経験のあるシェーファーアヴィ幸樹選手ですね。シェーファーアヴィ選手は日本で育ったため、日本人離れした端正な顔立ちから想像できないくらい日本語が上手というか関西弁を話されるので、そのギャップが面白いです。2人とも実力、伸びしろともに大いに期待できます。あと、昨シーズン終盤に帰ってきた佐藤選手にも期待ですね。昨シーズンは本人にとっても悔しいシーズンだったと思います。その悔しさを爆発させてほしいですね。

さて、今シーズンのレイクスは12戦3勝9敗と結果だけ見ると、奮わない結果となっていますが!内容としてはそれほど悪くないと筆者は感じております。と言いますのも、調子のいいときは斎藤選手を中心としたすごく魅力的な攻撃ができているんです。ブレックスのカードは2試合とも敗れはしたものの、相手を本気にさせたなと充実感を覚えました。しかし、今一つ勝ちきれなかったりするのも事実ですね。接戦をものにできないのは課題ですね。しかし、まだまだ若いチームですから、伸びしろだけでいえばリーグトップじゃないでしょうか。後半、化けてくれることを大いに期待しております。そして、昨シーズンの終盤から才能の片鱗をみせてきた耕陽選手には、本物になってくれることを期待しています。

今日からグラウジーズ戦ですね。富山もなかなか波に乗れていないように感じます。ぜひ、ホームで勝ってもらいましょう!

 

三陽建設株式会社は滋賀レイクスターズとパートナーシップ企業です。
三陽建設株式会社は滋賀レイクスターズを応援しております。
スポーツから滋賀を元気に!頑張れ!レイクス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です