11月22日_VSサンロッカーズ渋谷

遅くなりましたが、11月22日のサンロッカーズ渋谷戦について

年に1度の守山開催のカードということで、市民体育館に行きました

先に投稿で申しておりましたように、今回は内定者の学生さん達と一緒に観戦してきました。

初めて観る方も多く、生で観る選手のプレーや会場の雰囲気をを楽しんでもらえたかなと思います。なにより、学生さんたちが驚いていたのが選手の大きさですね。

今シーズンから加入したPGの二ノ宮選手もコート上では本当に小さく見えますが、173cmあり、自分ではけして低くないと自負している筆者と同じ身長なんですね。そんな中で、果敢に戦う二ノ宮選手、すごいですよね!まぁ、そんな選ばれた人たちがしのぎを削りあう、そんなBリーグでございます。

さて、試合に関してですが、第2Qに一度は追いつくものの、序盤以降はリードされる展開、第3Qまでどうにか点差を離されまいと食らいついておりましたが、第4Qでは意気消沈…●58-87と大差で敗れる結果に。

相手の執拗なディフェンスに苦しめられたことも有り、レイクスの選手も苛立ってましたね。見てる側としてもフラストレーションの貯まる試合となりました。

 

また、今回は昨シーズンまでレイクスに所属していたファイ・サンバ選手が滋賀に帰ってきましたね。サンバ選手も試合前にコートをぐるりと一周したり、試合後もコート横でブースターの対応をしたりと、しんみりした気持ちになりました。

滋賀に尽くしてくれた選手ですので、新天地でも頑張って欲しいですね。

 

最後にお詫びが

先の投稿で、オンザコートルールについて、記載しておりましたが、今シーズンから変更になったみたいですね。間違った情報を記載してしまい、申し訳ありませんでした。

新シーズンから、オンザコートルールの事実上の撤廃となり、各クォータで2人までの外国人選手の出場が可能となりました。帰化選手の扱いも変わり、上限の2人には含まれない為、帰化選手を含む最大3人までの外国人選手が出場可能となりました。

詳しいことに関しては、また時間があるときに書ければと思います。

 

そんなこんなで、今シーズン初観戦となりましたが、引き続きレイクスを応援、皆さんに魅力をお伝えできればと思います。

 

三陽建設株式会社は滋賀レイクスターズとパートナーシップ企業です。
三陽建設株式会社は滋賀レイクスターズを応援しております。
スポーツから滋賀を元気に!頑張れ!レイクス!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です