バスケット界のキングカズ

皆さん、ご存知のキングカズこと三浦知良選手ですが、言わずと知れたサッカー界のレジェンドであります。Bリーグにもカズのようなレジェンドがいることを皆さんはご存知でしょうか?

先日の試合で、通算3P成功数1000本を決めた折茂 武彦(おりも たけひこ)選手です。

レイクスの選手ですら紹介できていないのにという声が聞こえてきそうですが、今回は折茂 武彦選手を紹介したいと思います。

折茂 武彦選手は現在はB1リーグ東地区のレバンガ北海道に所属する選手で、御年47歳!勿論、Bリーグの最年長プレイヤーでもあります。

ざっと、ご紹介致しますと

長年、トヨタ自動車アルバルクでご活躍されてきた選手で、日本代表にも選出されてきた190cmの長身SGです。シューティングガードだけあり、やはり3Pが得意なようで、その腕前は日本一だとか。

2007年にレラカムイ北海道創設にあたり、トヨタからレラカムイに戦いの場を移します。

ここまででも、実績だけでいえばトップ中のトッププレイヤーなのですが、折茂選手がスゴいと思ったのは、北海道に移ってからなのです。

2011年にチーム運営会社の問題で、レバンガ北海道は潰れてしまいます。これを受け、折茂選手は新チームとしてレバンガ北海道を創設し、選手兼オーナーとなったのでした。

現在もコンスタントに試合で活躍し、昨年にはトップリーグにおいて日本人選手初の通算9000得点を達成しました。まさに、生きる伝説。

そんな、レバンガ北海道とは来月の16.17日にホームで対戦します。ご来場の際は、折茂選手にも注目してください。

カテゴリーTips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です